選ぶときウィッグを選ぶときには不安があるでしょう。このときにまず注意してほしいところは、医療用のウィッグを利用する期間は1年から2年とかなり長くなるということです。また、種類そのものが多く、どれにしたら良いかわからないという方もいるのではないかと思われます。

医療用のかつらには、既製品、オーダーメイドのもの、セミオーダーのものがあります。まずどれが良いのかを考えたとき、まずは費用面を考えるのであればオーダーメイドは高いのですが、性能的に自分に合ったものを選ぶ場合にはそれの方が良いと思われます。ただし、出来上がるまでには時間がかかりますから、待てないという人にとってはセミオーダー品、あるいは既製品の中から選んだ方が良いでしょう。

それから、ウィッグを選ぼうと思ったときには、脱毛範囲も意識する必要があるでしょう。もしも抗がん剤の治療によって、広い範囲の毛が抜けた場合には全体のウィッグを使うのが良いかと思われます。円形脱毛症の人に関しても、同じところではなくて、抜けるところが変わりますから、自分の脱毛範囲に合ったものを選ぶことが重要となります。

もちろん、品質的に良い、安心できるようなものを選ぶことも大事なポイントです。また、保険の適用かどうかも調べておきましょう。l