医療用のウィッグと呼ばれるものがあります。文字通り医療の現場において使われるものです。抗がん剤の治療、または円形脱毛症などによって、髪の毛がなくなってしまう場合に使われるようなものです。ここで気になるのは、通常のウィッグとは何が違うのかという点でしょう。

医療ウィッグ医療ウィッグが、2015年にJIS規格が制定されています。JIS規格において、洗濯や汗の堅牢度についての試験方法、または頭皮に直接触れるパッチテストに関しても数値が細かく定められているのです。こうした基準について満たすことができているのが医療用ウィッグなのです。単純なウィッグというのは、おしゃれを楽しむことを目的として作られたものであり、それこそが最大の違いといっても良いでしょう。

医療の目的で作られているものですから、何を重視するのかというのが自分で決める必要があります。既存のものでも良いものはありますが、こだわりが多いという人のために、オーダーメイドでもウィッグを作ることはできます。特に病気に対して必要な要素が既存のものに欠けているというのであれば、オーダーメイドで少しくらいお金がかかったとしても作る価値は十分にあるといえるでしょう。そもそも、オーダーメイドは高価なものが多いとされているのですが、普通に買えるものであってもそれなりの金額がかかるのです。では、医療用ウィッグの価格、それからどのようなものを選ぶのが良いのか保険などについての紹介をします。