費用医療用のウィッグというのは、調べてみるとその金額に驚いたという方もいると思います。実際に買いたいと思った場合には、少しでも金額が安くならないかと思うこともあると思います。もしもそうした場合に、健康保険の適用がされるのかということを考える人も多いのではないでしょうか。健康保険が適用される範囲ですが、診療費、入院費、手術費用などといったようになっており、医療用ウィッグはその中に含まれていないのです。これは、直接的に病気を治すものではないためです。

では、医療控除の対象になるのかということです。実はこれも難しいところがあります。医療器具には定義があり、それが医療用ウィッグが含まれるかどうかというのはやはり難しいといわれるわけです。ただし、医師の判断によって、医療用ウィッグが必要であると判断されるのであれば、医療器具として認められることになります

ちなみに、山形県において、抗がん剤治療の人の復帰支援を目的として、医療用ウィッグ購入資金の支援制度がはじめて生まれたのです。実際、抗がん剤を使った治療は高額なものになりますから、ウィッグの購入資金の援助制度というのは多くの人たちにとって希望をもたらすものとなるのです。